税理士にお願できることとその重要性

税務の専門家たる税理士が自分の面倒を見てくれるとなると頼もしいと感じる一般人の人が多いのではないでしょうか。年初めの確定申告になっていつも慌てて税理士事務所に駆け込んでいるという人なら、その頼もしさがよくわかっているかもしれません。

税理士の利用はなるべく余裕を持ってするのが望ましく、駆け込みの利用では対応も限られるという場所もありますが、どうにもならないと思った税務問題になんとか筋道をつけてもらうなら、やはり税理士が適任となるでしょう。

そんな税理士が、定期的に自分のところまで訪問してくれるとなると、その頼もしさは何割か増しに感じられるかもしれません。税理士にそのような対応をお願いすることも可能です。税理士事務所を訪れての単発の相談も簡単に使えてよいですが、定期的に訪問してもらえるように頼める契約もあるのです。

そうやって定期的に訪問してもらえ、税務面での定期的なメンテナンスと相談ができるなら、決算や確定申告前になって慌てて税理士事務所に駆け込むなんてマネもしなくて済みますね。税務面はすべて税理士に任せることができ、事業に専念できます。

税理士と契約している企業の中にはこのような形で税務に対応している場所もありますから、税理士を利用するのなら是非このような訪問をお願いしたいと思っている人も多いかもしれません。税務についてはまったくわからないので、とにかく先生にお願いしたいというようなケースでは、訪問契約がもたらす安心感は絶大なものがあるでしょう。

ただ、税理士に訪問さえしてもらえば税務に関する不安を100%解消できるかというと、そんなこともありません。意外な問題に足を取られ、税務面の話もうまくいかなくなったというケースもあります。

訪問対応をしてくれる税理士の先生なら、必ずや懇切丁寧に税務を始めとした面倒を見てくれるだろうという期待を抱いてしまいますが、必ずしもそうとばかりはいきません。訪問契約を結んだ税理士との間でトラブルになる事例もあるからです。

税理士というのは、意外に相性の問題も小さくないと言います。税務面での対応は悪くなかったとしても、何となく相性が合わなくて税理士を変えることになったという話はいくらでもあります。それは訪問税理士においても変わりません。むしろ定期的に顔を合わせるからこそ、相性というものがより問題になると言えるかもしれません。

税理士に訪問してもらうのはよいですが、お互いの相性については留意しておいてください。